就職先は丁寧に選びましょう

社会人にとって、就職先を選ぶ事はとても大事な作業です。
アルバイトの延長として会社選びを行ってしまうと、リスキーかもしれません。
短期のアルバイトや派遣とは違い、正社員となり組織に所属する事は、個人にとっても大きな義務と責任を受け入れる事になります。
月並みですが、自分が好きな社風がある組織、自らの得意分野を成長させる事が出来る現場がある企業など、出来れば「待遇や給与以外」の面で、就職先は選んだ方が失敗は少ないでしょう。
また今日においては、一概に大企業や有名企業が大正解とは限りません。
むしろ個人のパーソナリティによっては、中小企業の方が向いている場合もあり、有名私大の学生が積極的に地元企業や中小企業に、就職を決める事も増えて来ております。
規模が小さな組織であれば、若者の意見が通りやすい利点があり、また初期の段階から大きな仕事を託してもらえる等、働きがいが直ぐに得られるといった、若者へのメリットが存在します。

ページのトップへ戻る