絶対に連帯保証人になるべからず!

お金の貸し借りは、友達を失くすといいます。
その中でも、連帯保証人だけは絶対になってはいけません。
何故なら連帯保証人になってしまったため、人生を棒に振ってしまった人が大勢いるからです。
連帯保証人とは、お金を借りた人の変わりにお金を払い続けなければならない義務を指します。
例えばお金を借りた人が姿をくらませれば、変わりに連帯保証人が返済し続けなければなりません。連帯保証人になった事がきっかけで自己破産した方も多いのです。


ページのトップへ戻る